2006年09月25日

アマゾンと、ロングテールに関する“大きな勘違い” - ネット・エコノミー解体新書

ロングテールに関してずっと疑問視してきましたが、このデータと解説を見てようやく疑問が氷解しました↓
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/net/economy/060907_amazon/index.html
(アマゾンと、ロングテールに関する“大きな勘違い” - ネット・エコノミー解体新書)

ポイントは
「常識的に考えれば、ロングテールで『少量多品種』になれば、効率は悪くなる。
つまり、『ロングテールをやればもうかる』のではなく、『絶対的地位の規模を獲得すれば、ロングテール“でも”利益が出せるようになる』と見るのが正しいのではないか」
というところです。

いずれにしてもロングテールもネットビジネスもキビシーということで。
posted by gipsy at 17:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | IT系情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24402669

この記事へのトラックバック

ロングテールって何?
Excerpt: web2.0時代に爆発すると言われているロングテールビジネスですが、一体全体ロングテールって何なのでしょうか?また、ロングテール法則やロングテール現象ってどういうものなのでしょうか?
Weblog: ロングテールって何?
Tracked: 2006-11-14 16:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。